ありがとうとして女さんと約束をしました。

夫婦にやって来たことを知った後

女は前を見て、彼女の頭の中で何が起こっているのか疑問に思いましたが、突然、外の助手が出てきました。しかし、男の前の声明によると、彼らは皆結愛のアシスタントであり、通常、男のオフィスに直接入る機会はないはずです。このとき、ドアがドアをノックして、また思いました。彼女の心の疑いで、女はゆっくりとドアのところまで歩いて行き、事務所のドアを開けて見ました。
案の定、ドアの前に立っていたのは、彼女が入ってきたときに見た数少ない魅力的なアシスタントの1人でした。このとき、彼女は男のオフィスのドアに微笑んで女を見ていました。。ユニバースグループの最高ランクの女性アシスタントとして、そのうちの4人は常に彼らの地位を誇りに思っています!それは男の唯一のアシスタントではありませんが、男のアシスタントのアシスタントだけですが、男のサイドは常に結愛のそのようなアシスタントであり、すべての大小のことは結愛を通して行われています!そして、彼ら、結愛のアシスタント、職場もグループビルの最上階、基本的にはグループ全体、男に最も近い女性従業員です。男にとって、それらのうちのいくつかは常に崇拝されていて、そして必然的に愛さえも生み出さないでしょう。

結婚式bgmのシーン別

もちろん、彼らは自分と男のアイデンティティとの間のギャップが彼らが男に対する愛の心を持っていたとしてもであることを知っていますが、彼らは彼らの心の中に隠されているだけです。近くにいる機会はありません!しかし、彼らはみんな将来どんな種類の女性になるかについて空想しています。その女性はどのような立場に立つのでしょうか。もともと、彼らはこの日は遠く離れていると思っていましたが、突然、そのような日に男に迎えられたとき、男の腕の中に女性が横たわっているのを見ました。
そして、この女性は陽翔に愛されています!私はこの女性が誰であるかわからないが、彼らは皆、この女性、おそらく彼らが想像していたものは、男の隣に立つだろうと思った!しかし、この日はとても突然です、彼らもこの人について何も知りません!この無知のせいで、彼らのうちの何人かは現在、グー・シャオの事務所にいる女性について非常に興味を持っています!そしてこの好奇心が結局彼らを駆り立て、神秘的でラッキーな女性のベールを見つけようとし、そして彼女がどんな人であるのか知りたいと思いました!

王新郎はそれを知りませんでした!

男にはどのような人が見られますか。また、男の世話をすることができます!


私は一言も聞くことはありません。
おまえ、何かあるの?
女はまた、どのように相手に電話をかけるかについて考えて、男が彼女を外部のアシスタントに紹介していないようであることを知りました。4人の代表者に選ばれた温oは、勇敢に迎えて陽翔辰の事務所の戸口に行き、戸口を叩いたところ、戸を開けた後に内側から出てきた賞賛を目の当たりにしました。気分!
女は男によって持ち込まれたので、その中の何人かは男が女性を連れて来たことを知っていましたが、その女性は実際には彼女がそれをはっきりと見ないように見えていました。だから、現時点で、杖でドアの上に立っているムースを見て、温新の心は本当に少し驚いています!
この女性の足はぎこちないですか、それは傷ついているのですか、それとも盲目の男性ですか?それが怪我のせいであれば、それは何もありませんが、それが盲人であれば、神よ!貧しい女性である女性、彼女は盲人です、どうやって彼らはそれを受け入れることができます!
「それで、私はやってきて、あなたのニーズは何ですか?何かありましたら、どうすればいいのか私たちにお知らせください。」
温氏は、真実はチュー・ユエが去る前にそれを警告することであったということだと言いました、オフィスでは彼らは楽しまなければなりません。それはチューユエのこの非難のためでもあり、それらのうちのいくつかの好奇心もより高いレベルに上がっています!
「当分の間は必要ありません、ありがとうございます」

男の心の中では

相手方の好意により、女は当然丁寧に対応しなければなりません、それは本当に同じ場所ではありません、従業員の質さえ同じではありません!女は、これらの少数の人々が好奇心旺盛で自分自身を尊重していることを明らかにしています。これは大和よりも優れている、多すぎる、それは多すぎる!しかし大和に来るとき、女は彼女が今どうやっているのかを知らないようです!昨日はこのようなことが起こった、そして今大和はそれがあまりにも良いはずがないと思います!

ああ、このようにして大丈夫!
結局のところ、彼らはみんな自分の身分を示すことを好むわけではないが、彼女は女がそんなに親しみやすいとは思っていなかった。まったく距離がないようです!私の目の前でウェンの顔の表情を見ると、少女の感情はあまりにも露出しているので、彼女はそれをこのように見て、他の人が何を考えているのか知っています!彼女はこのようなものです、どうやって翼グループのとても高く重要な立場にありますか!
ちょっと、ちょっと待って!

ウェンハオはすでに向きを変えて出発する準備ができていましたが、まだ少しがっかりしていましたが、二歩踏み込んでいないとき、突然ムーシーの声を聞き、すぐに向きを変えて少し興奮しました。女を見てください。

ええと、私です

「それで、総会を開いたら、どれぐらいの時間でそれが終わるのでしょうか?」
女は男が去る前に男に尋ねるのを忘れていましたが、男はしばらく前からそこにいました。
「これは、男が今日のグループ会議だ、平日の状況によると、ほぼ2時間だ」
2時間、つまり戻ってくるのに1時間近くかかります。女は婚約者の結婚相手のにうなずいた。
まあ、ありがとう!

彼女が必要とするものはただ安定した生活です!

その後、女はオフィスに戻って再びソファーに座り、しばらくして彼女の足は本当に疲れました!女が戻ったことを婚約者の結婚相手が見た後、彼女は向きを変えて再び去ったが、今回は女が再び電話するのを聞かずに直接席に戻った。
お元気ですか?
ウェン・ユカイは席に戻って座り、すぐ側に何人かの人々がやってきて尋ねましたが、最も熱心な人はデング・ユーチン、最もゴシップでした、ウェンユーの端まで歩いて急いで尋ねました。出て来なさい。
結愛には4人のアシスタントがいますが、1人は比較的単純で、ドアをノックしたばかりの婚約者の結婚相手はゴシップで、駿は何かに出会ったときに何かを手に入れようとしています。私の心は女の状況を知りたがっていますが、拓真のドアをノックするために婚約者の結婚相手のを見るために率先するのは難しいです、そして、1つはいくつかの壁草のキャラクターです、他はすべてが合理的な婚約者の結婚相手のを感じる!

駿はどうしてそれを見られないのでしょう。

しかし、これら4人のアシスタントはそれぞれ自分自身の人格不足を持っていますが、彼らは仕事能力が悪くない、あるいは彼らは結婚相手の陽翔のような場所に座ることはできません!しかし、現時点で4人のアシスタントは、心が最も仕事ではなく、自分のオフィスに一人でいるものを心配しています!女を扱ったのはそれが唯一の人だったので、彼女が戻ってきたとき婚約者の結婚相手はみんなの熱意を受け、彼女の顔はわずかに赤く見え始めました。

「おお、私は彼女にほんの少しの言葉を言った、しかしそれはうまくいくことはかなり容易であるように思われる、そして私は少しの女性の気性があるとも思わない!」
シンプルなチュー越、女の第一印象はまだ非常に良いです!しかし、おそらく、彼女が以前に想像していたイメージがあまりにもひどいためである、と比較して、女が彼女に与えた印象は単に十分に良くない!
「本当に、間違って!あなたはあなたの世話をする価値があるに値することができます、どうしてあなたは普通の女の子になることができます、あなたはあなたにとても礼儀正しくすることができますか?関係は何ですか?」

これ、頼む時間がない
おそらく、誰もがこの問題を最もよく知りたいと思っていますが、彼女は尋ねたとしても尋ねませんでした!さらに、彼女は尋ねるには遅すぎる!女の前に立っている、彼女は輸出を求める方法がありません!