それから女を見に向きを変えて

夫婦をやらせることは明らかです!

李魏は、女を見て、崇拝の様子で言った。彼女はもともと女と男が彼らの父親やどんな種類の幼年期に精通していると思った、そしてそれから彼らはあなたを助けるようになるだろうが、結果!これは何ですか?あなたがそれらの女性に知らせるならば、私はあなたが嘔吐することを恐れています!毎日外を歩き回った後で、私は女のような良いことに出会えることを願っています!
落ち着いて、落ち着いて!
女は龍之介を見て、彼女が混乱していないと感じました。彼女は明らかに結婚していますか?誰が男を結婚させようとしますか!
「落ち着けない!落ち着く方法を教えてくれた!」
李魏は叫び、叫びました、そして、女を取らなかった、そして彼女と一緒に夢中になった人だけがいました!

「ねえ、あなたは私のビジョンはあまり良くないと言いました。会社の友人に手を差し伸べる、それは実際に私たちのグループの大きなボスです!私があなたを喜ばせるのは良いことです。」

李威、あなたは十分です!
女はこのように龍之介を見ました、彼女の目はひっくり返されました、そして、彼女は再び龍之介を見たくありませんでした。

「まあ、まあ、あなたは上司です、あなたは最大です!」
李魏はムーメイに微笑みそして微笑み、そしてすぐに彼の顔の表情を変えたが、女は言った、あなたはそのようなので、あなたは周ミンジュンを恐れています!陽翔は数分で彼女を殺すことができます!

結婚したと聞いただけだ。

「誰が私が彼女を恐れていると言った!」

「はい、そうです、あなたは彼女と一般的な知識を持ちたくありません!しかし、あなたは本当に違います!あなたが他の誰かを変えるなら、あなたは彼女が男の妻であることを全世界に知らせたくないかもしれません!言ってやれ」

「さて、外出したときに何を言うことができますか。まだしばらくそれをきれいにしたいです!」

しかし、私は怖いです、それはそのようなきれいな日の後も長く続かないでしょう!
「ああ、あなたがこれを言わなければ、私はそれをほとんど忘れていた!私は今家族をドッキングしていない。私はそれが個人的な利益を求めるために力を使った人だと聞いた。家族の昇進率は非常に速いです!家族の副社長になるまでにはそれほど時間がかかりませんでした。」
李魏は彼を沈めた人に風邪をひいていなかったけれども、李魏はまだ彼が以前にしたことを知っていた。さらに、王龍之介がしばらくの間その会社にいた後、龍之介は大翔が少しであるかもしれないと言うことができる。気分が悪いです。
誰がこの人に実際にムカイにとって不利なことをさせているのでしょう。さらに、そのような人格の低い人々は、実際には家族の会長の義理の息子になることができ、そしてそのような短期間のうちに、彼らはとても早く昇進することができます!あの人はまだ大学を卒業していないようですね。この種のネポチズムは、それほど明白ではありません。
女は、龍之介が突然大翔の事柄に言及することを期待していなかったし、彼は大翔がそのような短い期間内にそのような成果を本当に成し遂げることができるとも思っていませんでした!私はそれが悠真の助けから切り離せないことを恐れています!これが、元の婚約者の結婚相手のと彼女の別れが追求しているものです。しかし、大翔と彼女の現在の関係は?その人は、彼女にとって、長い間注意が必要な人でした!ああ、李威、興味の欠如を見て、彼女が彼女と多くの関係を持っていなかった神聖なことを言い続けることは何もない、彼女が言った理由は彼女が知りたいかどうかわからないが、彼女は賞賛する今反応、龍之介は彼がもっとすることを恐れていると感じます!

 

夫婦の利益にも影響を与えたが

現時点では、グループ副社長のオフィスに座って新たに昇進シェンヤン、夏グループは、世界に座ってのスリルを楽しんで、そして彼の心は興奮している、それは全体の夏グループが完全に彼によって所有されているようです。今すぐ!
「このすべて、私はようやく私の手に渡りました。ある日、私は私が持っていることができるものが欲しいでしょう!私はあなたが私が最強であることをあなたに知らせます、そしてあなたは私一人に属するように運命づけられています!」

彼の手でほとんど仕上げられたスープボウルを直接女に渡しました

言葉が終わった後、彼のシートフレームは彼が抱いているように見えます。オフィスのドアは外から開けられ、タイトフィットのプロのドレスである悠真が外から入ってきて大翔の横にまっすぐ歩いて、それからそれを持っていった。大翔の首。

「このすべて、私はあなたの要求に従ってそれをやった、飛んで、あなたはどうしてあなたは私に感謝することができます!」
夏マンニはこれを言った、彼女の顔は他の大翔を助けることができる彼女を除いて、彼女の笑顔を非常に誇りに思っていた!他に誰が彼のためにそんなに多くをすることができます!賞賛については、彼女ができることは、彼女は何もしてはいけません!
そして今、シェンヤンは非常に明確でなければならない、彼女は彼を最も助けることができる人です!彼女は、彼が望んでいるすべてのものを手に入れるために一歩一歩彼に同行するのが彼にとって最良のものです、彼女だけ!

「どうやって私に感謝してほしいの?」
悠真が彼の目の前に座っていても、大翔は彼女にすべての要求を約束しても構わないと思っています!大翔の反応もシャイマンニを非常に満足させたようで、大翔の笑顔を見ると、彼女はより魅力的になり、でこぼこで凸状の体の体はますます滑らかになった。
「何が欲しいのか、まだ分からない!」
大翔は夏マンニを見て、数回笑って、夏マンニの唇にキスをするために横になった。
 

結婚相手は男に直面して

あなたが望むように!
事務所の中には喧騒があり、事務所は穏やかでした。


彼を困らせる第350章女は颯真からオフィスに呼ばれた直後に、湊が彼女に言うことを待っていたが、彼女は長い間待った後、湊が続かなければならないとは思っていなかった彼女が言ったことはそのような声明でしょう。

「それで、あなたはどういう意味ですか、家族とのこの協力プロジェクト、最後の選択は私が以前に提出したものですか?」
実際、女の最終選択の計画は彼女が提出したものでしたが、それは疑いの余地はありませんでした、結局、計画は男の手によって修正され、品質は絶対に優れています!
「ええと、どの計画の最終的な選択は家族の人々によって下された決定である。私はこの決定はあなたにとってだけ良いと思う、そして私は同意する」

湊は、女の見た目は彼の決断と関係があるように見え、そして彼の眉毛は起きるしかないのです。彼の当初の意図はまだ良いことをすることですが、新しいものが幸せでないならば、私は彼の優しさが無駄になることを恐れています。
女は、湊の外観を見て頭を振ったが、湊を非難するつもりはなく、計画は会社に提出され、会社はそれを使用する権利を持っていた。女が心配しているのはこの決断だけです、そしてそれは大翔と関係があるでしょう!安心してください、この決定は家族の何人かのプロジェクトリーダーによってなされました、そして、非プロジェクトチームは関与しないでしょう。悠真の決定は大翔とは無関係であり、悠真とは無関係です。私が湊がこれを言っているのを聞いた時、女は、それが他の人に使われていない限り、彼の心を手放しました。

彼は突然出かけました

「実際、今日私があなたに電話をした主な理由は、このプロジェクトです。現在のプロジェクトはあなたの計画に基づいており、あなたはこのプログラムに最も精通しているべきです。グループ、しかし今、私はまだあなたの意見を求めたいです、あなたはまだプロジェクトチームに戻りたいですか?」
湊が尋ねたとき、実際には、まだ私の心にはまだ底なしの部分がいくつかありますが、実際には、このプロジェクトは必ずしも賞賛される必要はなく、最初にこのプロジェクトも彼から推薦され、現在を賞賛するようになりました。アイデンティティは敏感ではありません!この件を怠っているため、彼は男に彼らに訴えをさせたくない!
女は、そのようなプロジェクトが計画者によって実行される必要はないことを実際には知っているが、すぐに、湊が湊の意図を認識したことを知っています。私の心は少し苦いです。実際、湊は常に彼女にとって非常に親切でしたが、それは男のアイデンティティを含んでいます、たとえそれが湊であっても、彼女に関することを演じることにおいて、それは少し束縛され始めています!女はかつて、今朝のような会社を待つのではなく、彼女のアイデンティティを明らかにしないことが、彼女にとっても他人にとっても良いことだと考えていました。しかし、今、女は、物事は彼女が考えていたものではないようだとわかりました。