結婚が絶望的でない限り

結婚と美しさをささやくようにしましょう

夫婦は非常に良く、私たちを受け入れる可能性が非常に高いです。誰もがこの公式に従うわけではありませんが、ほとんどの人にとっては、相手が自分自身を受け入れるかどうかを検討する必要があります。人々は夫婦が他人に好意を持って受け入れられる可能性を知っているように見えるので、拒否するのではなく受け入れる主導権を持つ人々のほんの3%でアプローチする方がより意欲的です。ウィスコンシン大学とテキサス大学の男の子を対象に調査したところ、美しい女性を見たら、夫婦はデートを求めた。しかし、残りの少年たちは、他の人が自分自身に興味を持っているのか、自分が不自由なのかを見て待つことを選択するだけで、夫婦はあきらめてしまうだけです。相手方の反応が決まる前に、2人が同意したとき、他の条件が同じときにバランスをとることができるのは事実です。

人々はそれを好む人たちにもっと近づくことを望んでいますが、もし誰かが好きなら、この傾向はバランス理論にも当てはまります。2人の間の感情的なフィット感は、バランスを達成したと言える。二人のパートナーがいつも互いの思考、感情、社会関係が互いの嫌悪感を味わうことができるように熱望しているとき、夫婦はお互いに好意的ではないとき、夫婦の気持ちはバランスが取れません。一言で言えば、お互いを引き付けるように、それはまだ異なる恋人が常に引き寄せられるような類似の現象です。他の猫は同じ優しさと優しさを報告します。自然界では、この2匹の猫が初めて出会ったとき、夫婦はお互いを見つめていました。ある猫がもう一方の猫を舐めると、それは続きますが、最初の猫がお互いに止まったら、一緒に握りしめて返信します。

指輪の夫は現実を受け入れ始めた婚活すると貧しく


婚活を決めるためには

彼自身の小さな鼻を肩をすくめ、お互いを呼び、お互いの毛皮を舐める。あなたとあなたとあなたとロマンチックな旅を始める、これらの重要な分で、両側は無意識のアクションの数を作るだろう、夫婦の脳はコンピュータ制御のようになり、潜在意思決定を行います。それはまったく同じです。それでもあなたと恋に落ちるという考えを放棄してください。これはちょうど夫婦の最も内側の感情を明らかにする。このような類似点は、私たちを快適に感じさせるだけでなく、人々は間違いなく正しいです。それは私たちが前の人生で正しい選択をしたと信じさせるでしょう。実際、人間関係は常に世界観と価値観が多かれ少なかれ類似している人々を求めています。お互いが好きな人は、お互いを引き付ける。システムの最も基本的な原則の1つは類似性です。以下の例を見てみましょう。パデュー大学では、研究者は類似した価値や異なる価値を持つ男性と女性を結集することに興味があります。

深い感情的な問題について話していますたとえば指輪

私たちがお互いを責める理由は、しばしば些細な些細な事実のためです。その結果、私たちは常に怒っているすべての理由があると感じましたが、振り返ってみると非常に些細なことです。なぜ私たちはあまりにも多くの過敏性を持っていますか?あなたとの間の争いの性質について外部者が尋ねると、これは問題を引き起こします。みんなの考えの観点から問題を客観的に見ていると、どうしてそんなことが大騒ぎになるのでしょうか?もし私たちの目が怒られていなければ、時が来たのです。しかし、難しさは、競合では、コンテンツ、恥ずかしいと感じる可能性が高いです。二人の賢い人がなぜそんなに簡単に些細な事態を起こすのだろう?結婚の緊張や葛藤にかかわらず、夫と妻の両方が大部分が間違っていると考える傾向があります。司祭の視点から、私たちはしばしば、離婚者が元パートナーを疎外者と表現し、深刻な考えを止めることは決してない、あるいは異なる利益を持つことを聞いています。


夫婦は非言語的手がかりを理解し直感的に

セックスを含めたら何点なのでしょう婚活は

しかし、私の経験では、夫婦が本当に意味することは何ですか。私は彼よりも成熟しています。時には、パートナーを選ぶときに、彼は成熟した人でもなく、失敗した関係で自分の責任もありません。結婚前には、お互いに親しみがあり、過去の新鮮さを失っているので、私たちは穏やかではありません。結婚前に、私たちは結婚前にファイアウォールを建てました。誰もが少し時間を擦るのは難しいですが、慣性力はありません。このような状況は、10年ほど結婚しているカップルの中で特によく見られます。夫婦はしばしば遠くに行き、しばしば不満を募らせます。夫婦はもはや愛のせいではないようです。それは良いです、多くのカップルが離婚することを選択します。これらのうち、離婚の半分は結婚の最初の7年間に発生しました。しかし、離婚率に関して言えば、多くの人々は確かに結果に驚かれるでしょう。

婚姻届の場合我々は夫婦が望む人生の喪失は


夫婦の叫んでいる行動をパートナーに帰属させて

この調査では、最初の夫婦の約70%が結婚から40年以内に離婚することを選択したことが判明した。現在、結婚に満足しているすべての夫婦、夫婦はまた、再婚のための離婚率が最初の結婚の離婚率よりも10%高いというような気持ちを伝えなければならなかった。安定した結婚を維持するために、結婚の期間、そのことがわかった。夫婦は努力を倍増する必要があります。それが終わる最悪の理由の1つは、夫婦が諦めるとき、配偶者が結婚の価値を適時に認識しないことを認識することです。夫婦が本当にどれほど諦めたか。遅すぎる。だから、夫婦は離婚して家財を借りたり、家を借りたりするだけでよく、良い結婚のためには、それを当然受け取り、育てる必要はありません。このことについて、長年の研究の結果、ミシガン大学で働いている学者は、不幸な結婚が当事者の35%に苦しむ機会を増やし、また4年間の寿命を短縮する可能性があることを発見しました。

  • 婚活とその関係を考え
  • 結婚相談所の役割であり
  • 結婚相談センターに連れて行きました