結婚式に行っているにもかかわらず

何を聞くのは良いことだと言った!


これを考えると、男の眉はしわになりましたが、これは非常に秘密のことではありませんが、シニアスタッフへのアシスタントとして、会社の問題、特にリーダーシップに関連するものを開示してください。なんていいことだ!相手が男、咲希との良好な関係であっても!


咲希によるこの電話を私に頼んで叫んではいけない私はたぶん陽翔に注意を払いたいと思う。結局、それは男の結婚相手の陽翔の問題であり、たとえ彼が男と良好な関係を持っていたとしても、彼は部外者としか見なすことができません。電話で沈黙を聞いた後、咲希はすぐに話題を移しました彼は彼自身の優しさを望んでいなかったので、彼と男の間の雰囲気はこんな感じになりました!

「とにかく、あなた全員がロバと一緒に出てくる。ロバと一緒に出ていったほうがいい。甥にお悔やみになりたいのか、それとも今夜は古い場所に行くのか?」
男は習慣的に拒絶していましたが、女を見た後、彼は女がここではあまりにも退屈だと思って、そしてそれに同意しました。彼はその賞賛に遊びに出かけた、それは退屈ではないはずです!さらに、それは唐子が彼らに誓うのは少しだけです、私は女がそれを拒否しないと信じています!
咲希の電話を切った後、男は女がまだ彼の目の前で計画にふけっているように見えるのを見ましたが、男は女を邪魔しませんでした。私はテーブルの上のものを取り上げ、そしてムハムの方へ歩いて行きました。
行け!

駿はどうしてそれを見られないのでしょう。

女は彼の手で計画を見終えたところで心の中でため息をついていた彼は陽翔の声を聞き、彼が見上げると男が彼女の前に立っているのを見ました。
「どこに行きますか、何してるのですか」
女は男を戸惑いながら見たが、すぐには起きなかった。
「あなたは混乱しすぎないで、遊んでください!」
女の大きな目は男をちらっと見ましたが、男がそのような文を言ったことをどう思いますか、それは非常に奇妙です!しかし、何に関係なく、遊びに出かけるのは良いことです!

結婚前の恐怖症は心がリラックスして

女は理由を知りませんでした、彼女が健康であったときに彼女はあまり気がしませんでした彼女が一日中家にいたとしても、それには何の問題もありませんでした。私が家にいたとき、私は退屈し始めて退屈しました!しかし、女は男が彼女と一緒に会社に来たときの外観を覚えており、慎重に男を見ました。
「あなたは私を連れ出すことはしないでしょう、しかしまた行動に私を連れて行ってください!」
いいえ、絶対に、あなたが私に杖を使用させると約束しない限り、そうでなければ、私はむしろ出かけたくないでしょう!男が本当に彼女の行動をずっと行っているのであれば、彼女は本当に生きる必要はありません!それとは対照的に、彼女は自宅で退屈しています!いたるところで恥ずべきことよりはましです。
男は女の顔を見て自分のしていることを考え、女が他のことを考えていると思ったため、愛梨が自分の口からそのような文を言うことを期待していませんでした!あなたがそれを言わなければ、男は本当にそのような考えを持っています結局のところ、女は今彼の足にけがをしています彼は間違いなく自分自身を賞賛するつもりはありません。そしてそれは非常に面倒です。

男の名前で何かをしているときでさえ


女が彼の心の中で考えた恥ずべきことに関しては、男の概念にはそのようなことはありません。さらに、彼はあえて笑って感心するのです!確かに、男がいる、笑って感心する人は誰もいない、誰かがそれを嫌うのは本当に!
「あなたは杖を持って歩き回ってもよろしいですか?」
男は、女がクラブで行っていた杖を持って歩き回っていると思っていました。その上、そこに人がいます、そして、女は彼女が杖で歩いていると確信しています。結局のところ、彼が彼女を抱えている速度は非常に速く、そして彼女は彼女自身の杖を持つことができる速度です!嚥下して、女は男のプレーをまるで劇があるかのように見て、そしてすぐに彼にうなずいた、彼女は確かに決心した!

後悔しますか?

「私はそれを後悔しない、私はそれを後悔しない、私はそれを後悔することは決してないだろう!」

「あなたが私のところに来たときに泣かないで!」
女、彼に何を聞いて、彼に彼女を抱きしめるように頼むのは難しいです、どうすれば可能です!この種のこと、彼女は決してうまくいきません!
いいえ、絶対に違います!

女は非常に早くそして非常に自信を持って約束しました、しかしその後、彼女は彼女が今とてもバカであることに気付きました!二人が階下に行ったとき、女は男に彼女を拘束することを拒否しなかった、結局のところ、ここに他の人々はいません。女が倒れる前に、当然、彼は自分の杖を持ってくるのを忘れませんでした!チュー・ユーが車を運転し、ムー・ユーとグー・ユーチェンがクラブハウスの入り口に立ち寄ったとき、ムー・ヤンはグー・ユーチェンが彼女を連れて行った場所を知っていて、グー・ユーチェンをちらっと見た。

結婚相手は常に非常に無力でした!

「どうぞあなたは前もって私に話してはいけない、我々はここにいる!」

ここにいるので、女はおそらく誰が彼女に会いに来るのかを知っています彼女は男に会いに来た良き兄弟を拒絶しません。
あなたは私に頼まなかった!
女は憤りの表情で男を見ました、彼女は尋ねませんでした、彼は何も言うことができませんでした!
「行きましょう、彼らはすでに中で待っています!」
男が女を見て言葉を言った後、彼は最初にバスを降り、それから女に行き、ドアを開け、ドアの外で彼女を待った。
「私は本当に自分の助けが必要ないことを最終的に確認しましたか?」

女は周りを見回しました、彼が直接ドアに入ることができる場所で車が止まったけれども、女の最後の経験によると、ドアを入った後にもクラブハウスにまだ多くの人々がいます。もう一度彼女に聞いてください。男はそれを求めていない、と彼は尋ねた、女はすぐに鼻を鳴らした。
いらない!
そして彼が言ったように、女は頑固に立ち上がってゆっくりと車を運転しました。男は車のドアの外に立って女を見ましたが、彼は前進しませんでしたが、彼の目はいつも女の体の上を向いていました。

駿はどうしてそれを見られないのでしょう。

それは感心し、遊ぶことの1つであり、女の安全性は別のものです!彼は女の要求を本当に約束することができます、当然それは女が彼自身の安全性を保証できるという事実に基づいています!無事に駅を地下に松葉杖の助けに頼った後、女も誇らしげに男を見て、外観は言ってのようなものです、
「やあ、見て、できると言った、できる」
男が無力な顔で女を見た、しばらくしても女がまだこのように考えることができることを本当に願っています!


2番目の兄弟は、今日彼の脳に問題があります。女は、それが本当に簡単であると考えています、彼女が足を持っていても手に持っている杖があります、今は便利ではない、多くの問題はありません!
たとえ歩く速度がかなり遅くなり、そして周りの人々がもう少し多いとしても、彼女ができるだけ早く入る限り、男に彼女を抱いてもらうのは良いことです。しかし、女は現在の体を過大評価し、現在の歩行の困難さを過大評価しており、松葉杖でも、周囲の人々を過小評価し、注意を払っています。女はほぼ松葉杖の上の一歩であり、彼は前に進みましたこの速度は彼女が思っていたよりも遅すぎます、そしてそれは彼女がスピードアップしスピードアップしたいということではありません!
最も重要なことは、女がこのような杖で歩くことですそれはそれがそれがどれほど変わっているか、そして平日に歩いているという感覚があるところで奇妙であると言うことができます!女を見た後、通り過ぎる人々は彼女に目を向け、何人かの人々でさえも指摘し始めました。女は、もし男が彼女のそばに立っていたら、そして、彼女と男がずっと来ているのは明らかだったと、おそらくこれらの人々は笑うのを止めることができなかったとさえ疑った!冗談である人、もちろん、彼女以外に誰もいません!